ホームページ作成 パソコン教育の Lac(ラック)へようこそ

Lac(ラック)Life Assistance Company

 
トップページ > Lacデジタル豆知識 > Lacデジタル豆知識 NO.39:ファイルを1クリックで開く設定に変更する(XP/Vista)


文字サイズ変更
ずっぱり岩手の公式LINEスタンプ販売開始!!『岩手県の方言めっけだ!ぺっこオニ』
NO.39:ファイルを1クリックで開く設定に変更する(XP/Vista)
Windowsの標準設定では、アイコンをダブルクリックするとファイルやフォルダが開く設定になっています。
1回目のクリックは「(ファイルやフォルダを)選択」の意味、2回目のクリックで開くという設定です。
ノートパソコンのタッチパッドなど、ダブルクリックの操作がしづらい環境では「ダブルクリック」は困難ですし、マウスでの操作でも「ダブルクリックは難しい」と感じられる方もいらっしゃいます。そのような場合、この設定を変更して、シングルクリック(1クリック)で開くようにすることが可能です。

「ダブルクリックが難しい!」とお感じの方は、この設定を変更されることで、操作が楽になりますよ(^O^)/

今回はWindows XPをお使いの方も、Windows Vistaをお使いの方も、設定方法がわかるように、それぞれの場合でのご説明を致します。

ダブルクリックで開く標準の設定から1クリックで開く設定に変更します。
 

 
 

【1】フォルダのメニューバーの中の「ツール」をクリックします。
下にメニューが表示されますので「フォルダオプション」をクリックします。

【2】次のようなウィンドウが表示されます。

【3】「ポイントして選択し、シングルクリックで開く」をにチェックをいれ、「適用」をクリックします。

青い囲み線で示した部分は、ファイル名やフォルダ名に表示される下線を常に表示するか、ポインタを合わせたときだけ表示するかを、どちらか好みのほうで選択します。

【4】「OK」ボタンをクリックしてウィンドウを閉じ、設定完了です!
 これで、1クリックでファイルが開けるようになりました!

 
 

【1】@左下の「スタートボタン」をクリックします。
A上にスタートメニューが表示されますので】「コントロールパネル」をクリックします。

【2】次のようなウィンドウが表示されます。

左側の「クラシック表示」をクリックすると、コントロールパネルは下のような状態になりますので、その中にある「フォルダオプション」をクリックします。

【3】下のようなウインドウが表示されます。
 「ポイントして選択し、シングルクリックで開く」をにチェックをいれ、「適用」をクリックします。

青い囲み線で示した部分は、ファイル名やフォルダ名に表示される下線を常に表示するか、ポインタを合わせたときだけ表示するかを、どちらか好みのほうで選択します。

【4】「OK」ボタンをクリックしてウィンドウを閉じ、設定完了です!
 これで、1クリックでファイルが開けるようになりました!

 
次回も乞うご期待
/(^o^)\