ストラック図を元に社員との情報共有が可能となり、
多くのアイディアが生まれ会社が変わって行きます。