「Google Chrome」、緑の鍵アイコンと「Secure」ラベルを段階的に廃止へ

 

ホームページを見るソフト(ブラウザ)のGoogleの「Chrome」では、
現在、SSL化(HTTPS)しているのホームページにて緑色の鍵アイコンと「Secure(保護された通信)」ラベルで安心・安全を表現しています。

このラベルにより暗号化され、サイバー攻撃から守られている安全なページを訪問中だとわかる様にしています。

しかし、今後はSSL化していないページ(HTTP)については、『Not secure(保護されていない通信)』のラベルを付けて、警告表示を実施していくと言われています。

詳細情報はこちらから (CNET Japan > ニュース > 製品・サービス)