有料の「求人サイト」も有効だと思いますが、

より深く、会社を知ってもらうために、「採用ホームページ」の

必要性が高まっています。

 

求職者が必要としている情報は?

会社のイメージを具体的に把握し、実際の職場環境や

どの様な方々と一緒に仕事をするのか?

仕事の内容や、その会社の強みを知りたいと考えています。

その仕事を通してどれだけ社会貢献ができるのかが求められています。

 

強みとは?

会社が持っている「ビジネスモデル」と「マーケティング」です。

「誰に」 「何を」 「どのように」 販売していくか。

 「何を」 が:ビジネスモデル

 「誰に」 「どのように」 が:マーケティング


単なる募集要項だけの表示ではなく、求職者が求めている情報の掲載は、

「採用ホームページ」で表現していく必要があります。